レバレッジは貧乏人の味方

 
どうもどうも、やる気が高いので更新率高めです。
3日坊主の前兆な気もしますがそうならないよう努力していこうかなと思います。

今日はレバレッジについて記事にしてみました。
知らない方の為に一応レバレッジとはみたいなのを書いておきます。(読者層を把握できてない)

レバレッジ英語: leverage)とは、経済活動において、他人資本を使うことで自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率。(ウィキペディア出典)

うっすらとしかわからないと思うので、簡単に例を出しましょう。

(例)あなたは今1億の価格だが、諸事情で1億5000万円売れることが確実なマンションの情報を得ました。
しかし、あなたには貯金が3000万円しかない。
確実な情報を持っているあなたは、銀行から融資を7000万円してもらいました。
そして、購入後、無事購入したマンションは1億5000万円で売却しました。

さて、ここでポイントとなるのは3000万円しかあなたは実質出してないのに1億2000万円もの利益が出ました。
ということは、利益が1億2000万円なので、利率としては400%出てしまいました!!(実際には仲介手数料や固都税など諸々かかってしまいますがそこら辺は今回省いてます)

これがレバレッジです。もし、仮にあなたが1億円をもっていたとしたら1億円に対して利益は1億5000万円になります。
ということは利益としては5000万円なので、利率としては50%になります。
レバレッジをかけた場合と書けない場合ではこんなにも利益、利率共に変わってきます。
この例を一度見てから先ほどの定義を見ると恐らく理解していただけるかなと思います。

これをFXにあてはめてみましょう。(一応、メインは為替に関するブログなので・・・)
どこかのサイトで変動の平均について書かれていましたが、確か平均的には0.75%~1%くらいが平均みたいです。(違ったらすみません。またこれは基軸通貨のペア同士の1日の変動率です。
ということは・・・

あなたの口座残高は1日に0.75%~1%変動し得るということですよね???
そしてここで思い出していただきたいのが先ほど出てました、レバレッジ!
FXは個人が割とレバレッジが高めにできるもので有名だと思います。(海外なんかだと1000倍とか可能なところもあるみたいです)

ということは仮にあなたの口座のレバレッジが100倍でフルレバレッジのポジションを持った場合、
(仮にの話なので、フルレバでポジションを持てという話ではありません)
なんと1日の変動率としては75%~100%にもなるわけです(‘ω’)

そういった意味合いで僕みたいな貧乏人にとってはこのレバレッジというものは物凄い味方になるわけなのです。

ここで気づかれた方もいると思いますが、これってもちろん損失が出た場合は悲惨になります。。。
(てきとうにさっきの例題の収益をマイナスにしてみてください。)
現実の世界では確実に儲かる話もないし(あってもインサイダー取引法だ、なんちゃらで捕まる可能性高い・・)
レバレッジなんて怖くてかけられないよ、、、って方もいるかとは思います。
そんな方は高金利な国の預金口座を開いてお金を預けることを推奨いたします。

ここで少し、リスクを取ることがこわい方の後押しになればと思いまじめな事を少し書きます。
世の中には確実なものなんて何もありません。
あるのは、ある事象の確率が高いとか確率が低いとかなどの確率的なものです。
なので、しっかりと確率、リスクリターンとレバレッジをかける事象の状況を把握して、
自分のかけれるリスクさえ把握していれば悲惨なことにあう可能性は低いと思います。
その為にも常確率的な思考を常日頃からすることは人生においてはかなり重要だと思ってます。

(そんな思考法の為の良書はこちら。

これはかなりいい本なので本買うほどのお金がない人以外はみるべし。)

確かに、リスクのある選択をすると、必ず修羅場などのかなりきついことは必ずおきますし、結果がでるまでに時間がかかったり、正直逃げたいぐらい辛くなるのも事実です。。(現に逃げる人のほうが多いのではないかと)
(更に僕の場合は日常生活でも確率的な思考をしてるので、友達なんかと遊ぶ時もリスクリターンなどを考えて友達が減ったり。
それはそれで人間としてはどちらかと言えば間違ってる気もしますが僕自身は満足してるからいいのですが。。。)

しかし、また別の機会に説明しますが人間の本能的な問題でリスクが高いもののがリターンが多かったり勝率が高かったりする可能性が高いのも事実です。
あなたの人生がよりよくなる方を選んでいただけたらなと思います( ..)φメモメモ

まとめるとトレードをする場合、ポジションに対するレバレッジのかけ方は、
相場の現状を把握できるだけ把握してあなたのロジックにあてはめた際のリスク、リターンの分析、
また、あなたのロジックの優位性(確率)をみてエントリーしてください。
(因みに口座事態はレバレッジ高いのを僕は推奨します。証拠金維持率とかの問題で。)

内容としては当たり前のことですが、自分への戒めとして書いてみました。
じゃあそんな感じでばいばーい($・・)/

 

為替とはみたいな記事

 

FXとはなにかみたいなのを記事にしてみます。

「ある国の通貨とある国の通貨の交換」これが為替です。

正直これ以上書くことがないくらいに一言で説明できる内容でした。。。

ということで蛇足になるかもしれませんがプラスαで必要そうなことも書いてみることにします。

実際にこの事実はFXをやる上では物凄い大事なことだったりします。

というのも、この事実により為替に関してはいわゆるチャートやレートというものの重要度が下がるからです。

なぜか、一度考えてみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、わかりましたでしょうか。

正しいかどうかはおいといて僕はこう考えています。

「ある国の通貨とある国の通貨の交換」が為替ということはFXのチャートとレートが表しているものは、通貨の交換比率についてのものになる。

ということは・・・・・・・・

いわゆるテクニカル分析って役に立つのか?とか交換されるということは、市場の総量的なものってゼロサムではないか?とかということはあれをこうすれば勝てるんじゃないかとか皆さんには想像がついてきたかと思います。

個人的にはこの事実を元にどうロジカルに戦略を立てていくのかがトレードで生きてく上では大事なのではないかという結論に至っております。(2017年2月現在)

実は僕も始めたての頃はダイバージェンスとかエリオットなんちゃら、フィボナッチなんちゃらとか言ってた頭の弱い時期があったりしました。(エリオットなんちゃらに関しては一応行動ファイナンスなどで理論的には成り立つ様ながします。)

現在為替をやる上でのテクニカルのロジック的な優位性は皆無だと思ってます。(個人的な意見です)

僕の知り合いでもダイバー、ダイバー言ってた億トレーダー(自称)の商材屋さんがいましたが隠居してしまいました。(意味深)

勝ててるならいいんですが、テクニカル分析であまり結果が出てないような方は、一度アプローチの仕方や視点を変えて見てはいかがでしょうか。

本などでいくらテクニカルうんたらファンダメンタルがうんたらとか書いてあるからといってそれが正しいとは限らないわけですし。

このブログも含めなんでもかんでも鵜呑みにするのは危険ではないかと考えています。(人生規模で)

以前、僕の知り合いで突然ある日を境に空から神の声が聞こえると言い始めた人がいました(;・∀・)

確か当時彼は神の声が聞こえる人々(自称)のセミナーを受け始めたとか言ってた気がします。

そこから徐々におかしくなりやがて音信不通になり噂だと世界の果てで暮らしてるとかなんとか。

そもそも、幸せの定義は人それぞれだし、どういう生き方をしても自由ですが、もし自分が深く考えずに誰かの意見や話を鵜呑みにして失敗したら絶対に大きい後悔をすることは間違いないと思います。

思考停止をして突き進んでしまうと僕の知り合いの彼みたいに、何者かに世界の果てに飛ばされてしまうかもしれません。。。

なので、どのような事象でも自分自身の頭で考え判断し、色々な可能性の探求をしていただけたらと思います。(判断を下す材料として人にアドバイスをもらうのはもちろん良いかと)

そんな感じで、最後は書いてた自分でもよくわからない話になったのですが、3行で終わる予定の記事を頑張って水増ししてみました(*’ω’*)

ブログは徐々にかっこよくしていくのでよろしくでーす。

ではでは(・ω・)ノ