為替とはみたいな記事

 

FXとはなにかみたいなのを記事にしてみます。

「ある国の通貨とある国の通貨の交換」これが為替です。

正直これ以上書くことがないくらいに一言で説明できる内容でした。。。

ということで蛇足になるかもしれませんがプラスαで必要そうなことも書いてみることにします。

実際にこの事実はFXをやる上では物凄い大事なことだったりします。

というのも、この事実により為替に関してはいわゆるチャートやレートというものの重要度が下がるからです。

なぜか、一度考えてみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、わかりましたでしょうか。

正しいかどうかはおいといて僕はこう考えています。

「ある国の通貨とある国の通貨の交換」が為替ということはFXのチャートとレートが表しているものは、通貨の交換比率についてのものになる。

ということは・・・・・・・・

いわゆるテクニカル分析って役に立つのか?とか交換されるということは、市場の総量的なものってゼロサムではないか?とかということはあれをこうすれば勝てるんじゃないかとか皆さんには想像がついてきたかと思います。

個人的にはこの事実を元にどうロジカルに戦略を立てていくのかがトレードで生きてく上では大事なのではないかという結論に至っております。(2017年2月現在)

実は僕も始めたての頃はダイバージェンスとかエリオットなんちゃら、フィボナッチなんちゃらとか言ってた頭の弱い時期があったりしました。(エリオットなんちゃらに関しては一応行動ファイナンスなどで理論的には成り立つ様ながします。)

現在為替をやる上でのテクニカルのロジック的な優位性は皆無だと思ってます。(個人的な意見です)

僕の知り合いでもダイバー、ダイバー言ってた億トレーダー(自称)の商材屋さんがいましたが隠居してしまいました。(意味深)

勝ててるならいいんですが、テクニカル分析であまり結果が出てないような方は、一度アプローチの仕方や視点を変えて見てはいかがでしょうか。

本などでいくらテクニカルうんたらファンダメンタルがうんたらとか書いてあるからといってそれが正しいとは限らないわけですし。

このブログも含めなんでもかんでも鵜呑みにするのは危険ではないかと考えています。(人生規模で)

以前、僕の知り合いで突然ある日を境に空から神の声が聞こえると言い始めた人がいました(;・∀・)

確か当時彼は神の声が聞こえる人々(自称)のセミナーを受け始めたとか言ってた気がします。

そこから徐々におかしくなりやがて音信不通になり噂だと世界の果てで暮らしてるとかなんとか。

そもそも、幸せの定義は人それぞれだし、どういう生き方をしても自由ですが、もし自分が深く考えずに誰かの意見や話を鵜呑みにして失敗したら絶対に大きい後悔をすることは間違いないと思います。

思考停止をして突き進んでしまうと僕の知り合いの彼みたいに、何者かに世界の果てに飛ばされてしまうかもしれません。。。

なので、どのような事象でも自分自身の頭で考え判断し、色々な可能性の探求をしていただけたらと思います。(判断を下す材料として人にアドバイスをもらうのはもちろん良いかと)

そんな感じで、最後は書いてた自分でもよくわからない話になったのですが、3行で終わる予定の記事を頑張って水増ししてみました(*’ω’*)

ブログは徐々にかっこよくしていくのでよろしくでーす。

ではでは(・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です